商品カテゴリー

おすすめ商品

カートの中身

カートの中に商品はありません

店長日記

ショップ店長がコラムを寄稿しています(外部サイト)

 

 

 

 ごあいさつ                               

 



インド雑貨.comにアクセスいただきありがとうございます。
ショップを運営しております、ミスミ アイといいます。

2002年、ひとりでのアジア長期旅行中に訪れたのが、私とインドの最初の出会いでした。
そして2008年夏からは、当時1歳半だった息子を含めた家族3人で、インド・デリー郊外で6年間ほど暮らしました。
 

現在、ショップではアーユルヴェーダ製品をメインに扱っています。しかしもともとコスメやボディケア用品が大好きで、というわけでは実はぜんぜんなく、むしろほとんど興味がなく、お化粧も極力少なめ、苦手なほうでした。
それはなぜかというと、つけたり塗ったりするのは、肌の呼吸を妨げるというか・・・負担になる、とずっと感じていたからです。こんなにいろいろ外から与えたり守ったりしなくても、肌や体にもともと備わっている、環境や体調変化などへの適応能力をもっと信用してもいいのではないか、と。
そんなわけで最初のインド滞在中も、安価で容易に手に入るということと、せっかくインドにいるのだから、という程度の理由で、たいしたこだわりもなく洗顔やシャンプーなどのアーユルヴェーダ製品を使い始めました。
初めはその独特の香りと使用感に驚いたものですが、慣れてみると、今までずっと気がかりだった「肌(髪)への負担」というものをほとんど感じないことに気づきました。すっきりとした洗い上がり後、野性的な香りの乳液が「気持ちいい」と感じたのも、頭皮への負担を気にせずたっぷりのコンディショナーでマッサージをしたのも、初めてのことでした。
インド中のどこでもすぐ手に取れるようなありふれた製品にも、アーユルヴェーダのエッセンスは生かされています。そしてそれらの使い心地のよさ、安心して使えることに関しては、私自身が身をもって経験しています。アーユルヴェーダ製品に即効性はありませんが、天然成分と古来の知恵が詰まった製品は体に優しく、そして体本来が持つ適応・自然治癒などの能力を引き出す助けになってくれるのが最大の特徴です。


アーユルヴェーダ製品に加え、大好きなインド女性の普段着・パンジャビスーツ(パンジャビドレス)も多数扱っています。現在都市部の若い女性を中心に人気の高いインドブランドの製品は、日本人の視点からみてもデザイン性・縫製ともに優れたものがとてもたくさんあります。その中から、私自身が実際にインドで買い付けたものばかりをご紹介しています。


そのほかにも、たくさんの「インド」を日本にお届けできたら、と思っています。
どうぞよろしくお願いします。